Staff roomのご紹介!

 

20日の11時半?のフライトでスリランカを経由し、21日深夜1時に島に到着してから3日経ちました!

私、勘違いしていたのかマーレ国際空港から直接島に行けるんだと思っていたら、どうやらそこから更に飛行機に乗ってどっかの島に着陸して、そこからボートで30分くらいで島に着きました。

 

今まで長くても8時間しか飛行機に乗ったことがなかったので、初っ端のスリランカまで9時間半はかなり腰にきました…

両親を招待したいと思っていたけど、このフライトだとしんどそうです。

 

 

さて!

 

今日やっと仕事、というかトレーニングが始まったのですが予想以上に島が大きくてステキな海の写真などはまだ撮っていないため、私に用意されたお部屋のご紹介をしたいと思います!

 

なんとシングルルームでした

 

限られた土地の中スタッフ全員が住むとなるとやはり、シェアは当たり前で、2人〜4人1部屋だと思っていました。

深夜に到着したので、ルームメイトを起こしちゃったら悪いな〜と思っていたのですが、通された部屋がなんと個室。

いとありがたし〜!

 

部屋の間取りはこんなかんじ…

 

 

部屋の広さは6畳くらいです。置いてあるものとして、

  • テレビ
  • テーブルと椅子
  • クローゼット(結構大きめ、ハンガー数本と棚が3段)
  • シングルベッド(私でかなりジャストサイズなので、男性スタッフはどうなのか…)
  • サイドテーブル
  • 大きな鏡と壁に張り付いた棚たち
  • 洗面台
  • トイレ
  • シャワー

 

簡潔に個人部屋ってかんじです。

 

写真で見せちゃうぞ!

 

外国人だから部屋が大きい、キレイなイメージがあるかもしれませんが(ホテルによります)、うちは勤続年数で部屋が振り分けられているそうで、私がいる部屋周辺がまだ割と新しめのスタッフで、長く働いているときれいな建物にちょっと広い部屋だそうです。

私の部屋はちょっとよさげのゲストハウスの個室…みたいなかんじです。

 

▼ドア開けて左手にテーブルとクローゼット

 

 

▼正面にベッド

 

 

▼棚と鏡がチラ見え

 

▼バスルーム

 

カーテンレールあるのにカーテンがない、窓があるけど網戸は張ってなくて虫が入ってきそうで開けられない…

 

 

 

これがなかった!マジか!

 

事前にホテル側に聞かなかった私もいけないし、もちろんあ、忘れた!なんてアイテムもいっぱいあります…

 

無くてショックだったもの

 

  • ケトル
  • ミニ冷蔵庫
  • ヘアドライヤー

 

髪はいつも自然乾燥(本当はよくない)だし、冷蔵庫はもしかしてないかもとは思ってたけど、ケトルがないのは個人的にしんどい!部屋でコーヒーが飲めない!

 

誰か!トラベルケトルを私に恵んでくれ!!(▼参照、リンクは貼ってません笑)

 

普通に忘れたもの

  • 虫除けスプレー
  • 虫刺されクリーム
  • 洗濯洗剤

 

上の2つはマジでないとしんどい。

すでに身体中を隈なく蚊がさしています。

部屋の虫除けスプレーは持ってきたのですが、肝心の体につけるものを何1つ持ってこなかった私を殺したい。

 

あと洗濯洗剤を少し持ってこようと思ったのに忘れた。基本的に下着しか洗わなくていいからわざわざランドリーまで行くのがめんどくさい。

 

(もう少し)持ってくればよかったなぁと思ったもの

 

  • バスタオル、足ふきマット
  • 部屋用のサンダル
  • 下着

 

タオルは結構あってもよかったなぁと思いました。

それと足拭きマットが必要なのは、我が島では靴を履くことを禁じられているため足がめちゃくちゃ汚れる!

バスマットをエントランスマットとして今は代用していますが、かなり汚い…これは早急にどうにかしないと….

部屋用のサンダルがあったらいいなぁと思ったけど売ってる島に行くまでの我慢…

 

 

 

個人スペースの充実が1番大事だと思う

 

全員が同じ島に同じ建物に住んでいるとはいえ、自分の部屋が少しでも居心地ががよかったらなんとかなると思ってます。

提供された部屋でいかに自分がリラックス、リフレッシュできるかが長く働かなかったとしても大事です。

部屋のカスタマイズも頑張ってやっていきます!

目下のところケトルかな!

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

日本で就活したけど内定もらえなかったので、勢いでプーケットに乗り込み2年間4つ星ホテルに勤務。2018年5月に退職し帰国、この9月からモルディブ5つ星高級リゾートに転職し島暮らしをしています。