2年勤めたホテルを退職しました

 

 

このたび5月末をもってジーナはプーケットのホテルを退職いたしました。

そして日本に戻ることとなりました。

 

 

専門学校を卒業して1週間後、単身でプーケットに移りホテルで働き始めて早2年。

あっという間のプーケット生活でした。

最初の1年は環境・仕事・英語・タイ語に慣れることで必死で、また1年以上住むかわからなかったので特に出かけずコミュニティもなくがむしゃらな1年でした。

2年目は仕事にも環境にもなれ、ちょっと余裕が出てきてプーケットの生活も楽しくなっていきました。

 

 

私、プーケットに住み続けたい。そう前向きに考え始めた矢先。

 

 

ホテルはハイシーズンに入り大量のクレーム、マネージメントのミスで部屋のダウングレード・オーバーブッキングで部屋がないの連続。ゲストに謝る日々。

フロントでのスタッフ同士の怒鳴り合い。スーパーバイザーは仕事をこなそうとしない。でも誰かが仕事をしなければならない、クレーム処理をしなければいけない、電話を取らなきゃいけない、部屋チェンジの案内、ダウングレードの案内をしなきゃいけない。レポートを作らなきゃいけない。でも誰もやらない。

 

クレームがあってもマネージメントは誰も私たちを守ってくれない。

私たちはのポジションはゲストとホテルの中立の立場なはずなのに。

 

 

 

 

 

そんな気持ちが募り正直に限界でした。特にスーパーバイザーの件で私は毎日ストレスが溜まり、毎日一緒に働きたくないと思っていました。特別言いにくい関係でもないので何度も促すようにあれやってこれやってとお願いをしましたが、効果なし。

忙しくストレスも多いシーズンで自然とお互いの声が大きくなってしまうのは仕方ないことだと3度目のハイシーズンを経験してある程度仕方ないと思っていましたが、今シーズンはそれが毎日毎日繰り返され、一緒に働けないと思いました。もう1人の同僚と不満を言い合う日々で結局行き場のないこの気持ちに自分自身疲れていました。

 

シーズンが開ける前、私の契約について人事と話し合う日がきました。私の契約は1年ごとに見直し・更新の有無が確認されるのですが、人事マネージャーに来シーズンは厳しいかもしれない、シーズン入る前に辞めるか悩んでいると素直に相談しました。マネージャーは私の相談に乗りながらいつ私が辞めるかは私の自由なので好きにしたらいいと言ってくれれました。

 

知人の紹介で転職先をプーケット内で見つけることができましたが、先方のトラブルにより話は消えてしまいました。

契約期限がもうすぐだったのでどうしようと焦っていた同じ頃、どこからか私が人事マネージャーに相談した内容が漏れ、スタッフと少しトラブルになりました。

 

 

 

フロントチームはみんな大好きだけど、もうこのホテルは辞めよう。そう決心しました。

 

 

 

そして今現在に至るまでの約2ヶ月間、プーケットの仕事を探していましたが私が求人でこだわる部分が多く、そこと自身のスキルとのバランスも取れておらず、厳しい結果が続きました。そしてプーケットでやりたい仕事を見つけることができず、日本に帰ることとなりました。

 

 

正直自分の意にそぐわない事、納得しきっていない部分、やりたかったこと、やり続けたかったことなど多々ありますが、自分に都合いいように事が運ぶ人生はありえないので、このタイミングで起こった事は

そうなるべくして起こった事、1度止まって考えるべき時だったのだと前向きに捉え(られる)ようとしています。

 

プーケットで出会った素敵な方々、素敵な縁、ブログを読んでくれた方々とこれからも繋がっていければ幸いです。

もし縁を手繰り寄せることができたらプーケットにまた戻ってきたいと思っています。

日本で働くか、また違うリゾート地に行くか…後者の方が気持ちは強いですが、ここで良いお知らせできれば。

この大して更新していないブログをまたホテル業に就くのであれば更新し続けていこうと考えていますが、今のところ全くわからないので(そういう風になればいいいと願ってますが)しばらくお休みさせていただきます。

 

2年足らずのプーケット生活、とても楽しかったです。

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

日本で就活したけど内定もらえなかったので、勢いでプーケットに乗り込み2年間4つ星ホテルに勤務。2018年5月に退職し帰国、この9月からモルディブ5つ星高級リゾートに転職し島暮らしをしています。